head_img_slim head_img_slim_sp

information

メールボタン
お問い合わせボタン
HOME > 自律神経失調症のページ

自律神経失調症

こんな症状でお悩みではないですか?

自律神経失調症は特に原因が思い当たらないのに、いろいろな痛みや不快な症状が現れます。
病院へ行って検査を受けても「特に異常はありません」という所見をもらって、
特定の病名を伝えられることもなく「自律神経失調症でしょう」と言われることも珍しくありません。

身体の症状
icon_check01 息苦しい
icon_check01 動悸、息切れ
icon_check01 微熱
icon_check01 めまい
icon_check01 偏頭痛
icon_check01 倦怠感
icon_check01 耳鳴り
icon_check01 ひどい肩こり
icon_check01 ほてり
icon_check01 手足の冷え
icon_check01 不眠症
icon_check01 食欲不振
icon_check01 便秘、下痢
icon_check01 手足のしびれ

精神面の症状
icon_check01 イライラ
icon_check01 憂鬱
icon_check01 不安感
icon_check01 焦燥感(あせり)
icon_check01 集中力の低下
icon_check01 記憶力の低下
icon_check01 好奇心が無くなる
icon_check01 無気力
icon_check01 落ち込み
icon_check01 感情の起伏が激しい

まずは当院で施術を受けて改善された方の喜びの声をご覧ください。
そしてなぜ改善できるのかを続いてご覧下さい。


 

皆様にいただいたお喜びの声

めまいは随分と楽になりました

icon_next 西出和江さま (尼崎市, 50代主婦)

voice

めまいで検索し、来院いただきました。

ある大病の後、歩けるようにはなったけど、めまいや視野が狭くなる。
まぶしい感じがする。
ひどくなると吐き気もする。
眼科に通ったが異常は見られず。
肩こりもひどい。
といった状態。
他の整骨院や鍼灸院も行かれたようですが、当院を捜し来ていただきました。

初回、ストレスを抜いたり自律神経を整える施術を行った結果、まぶしさはマシになった。
肩こりも楽。とのご感想。

その後、当初は週に1回。以降は2~3週に1回のペースで来院。
めまいに関しては、ぐるぐる回ったり横に波打ったり揺れている感じで、それが見えている時もあり。
それが目に見えなくなってきたり揺れる感じも楽になってきた。

まぶしさはサングラスを掛ければマシだったり施術直後はサングラスを掛け忘れたり。
肩こりもだいぶマシなご様子。

また、耳から何か出てくるような感じがし出したりしていましたが、それも軽減してきました。

ご主人に付き添っていただいて来院されていましたが、お仕事の都合で数ヶ月程来れなさそう。
当初のことを思うとだいぶマシになっているので大丈夫でしょう。と暫くお休みになることに。

完全に良くはなっていませんが、現状でのご感想をいただきました。

voice

1.どのようなことでお悩みでしたか?
目まいがあった。
まぶしくて外へ出るのが憂鬱だった。
肩が重かった。

2.当院の整体を受けてどのようになりましたか?
肩と目まいはずいぶん楽になりました。

3.当院の整体の良さは何ですか?
車で駅まで来てもらえるので便利だった。

4.おなじ症状で悩んでいる人へ励ましの言葉をお願いします。
時間はかかりますが、ここへ来ると楽になります。

※お喜びの声の用紙はクリックで拡大表示されます
※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。


胃痛が減り、おいしく食べられる様に

icon_next F.Oさま (箕面市, 40代主婦)

胃が弱い、痛みがある、その他ご自身が感じるところから、胃下垂かな。と思われ、当院を探し来ていただきました。
お話を伺うと、数年前に胃カメラの検査を受けたけど特に問題なし。
精神的なものと言われたそうです。
施術で当院独自の胃の位置の検査を行ったところ、特に下がっていることはなく正常な位置にありました。
施術としては、胃腸の調子を良くしていこうと内臓活性の施術。
精神的なものと言われたとのことから、自律神経のバランスを整える施術。
その他、来院いただく度に体の状態をお聞きし、花粉症(ハウスダスト), 生理痛, 肩こり, 腰痛等々、カラダ全体を整えていきました。
すると体調良くなってくると共に表情も明るくなってきました。

voice

1.どのようなことでお悩みでしたか?
かなり昔から胃が弱く、何かにつけてすぐ痛くなっていて、病院へ何度か行ってみてもらっても原因もわからず。
近ごろはそれがほぼ毎日つづいていて、そういう状態でも毎日家族の食事の用意はしなくてはならないし・・・・。
もともとそう落ち込み悩む性格でもない自分なのに、さすがに精神的にも辛く、うつっぽくなっていた。

2.当院の整体を受けてどのようになりましたか?
いろいろ自分なりに調べて、胃下垂が原因かな・・・と思い、先生に見てもらったところ、胃下垂でなく内臓全体が下がっている。ということがわかり、内臓全体を上げる施術を何度かしてもらったら、自分で見ても明らかにわかるくらいお腹全体の形が変わった!!
下腹ばかりが異常に出ていたのが、内臓が上に上がったことで、下腹の出っぱりが少なくなった。
それにともない、胃痛になることもかなり減り、ごはんも少ししか食べれなかったのに、たくさん、そして、おいしく食べれるようになった!!

3.当院の整体の良さは何ですか?
先生が毎回、体の調子を親切に聞いてくださり、その都度調子の悪いところをなおしてくれるので、とてもありがたい。
体全体に、いい「気」を送ってくれるので、精神が落ちつき元気になる感じがする。

4.おなじ症状で悩んでいる人へ励ましの言葉をお願いします。
病院へ行っても異常ないと言われて、”こんなに苦しいのにそんなはずない”と思っておられる方、ぜひ先生に助けてもらってください。

※お喜びの声の用紙はクリックで拡大表示されます
※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。


不安そうな表情が優しく朗らかな笑顔に

icon_next 匿名希望 (豊中市, 70代 主婦)

ご主人が旅立ち、それ以降引きこもりがちに。
3ヶ月ほどが経ち、これではいけないと動き出したところ、しんどくなる。
回転性, フワフワとするめまいがする。
急に肩が重くなる。
足がだる重い。
等々の症状が現れお医者さんに。
頭のCT,心臓等の検査では問題なし。
不定愁訴との見立てを受けられた。
その他、食欲無し。小食。お腹の不快感あり。
外出困難、外へ出るのが不安。
徒歩15分程の距離への病院へもタクシー使用。
不眠。未明に目が覚めてそれ以降眠れない。
等々の症状あり。

外出困難なため出張整体のご希望を受け、お伺いし施術を行いました。
施術を続けると、
お腹の不快感は無くなり、食事も美味しく取れるようになりました。
当初やせ気味だったのが、頬のあたりもふっくら。
外出も長距離はまだ難しいが、病院へも歩いて行けるように。
それも最初は付き添いの人のカバンや手に掴まって歩いていたのが、何も掴まず一人で歩けるように。
睡眠も夜明けまでぐっすり寝られるように。
このように状態が良くなってきたので卒業となりました。
最初は不安そうな表情をしていたのが、優しい朗らかな笑顔になりました。

voice

1.どのようなことでお悩みでしたか?
腹部の違和感。
食欲不振。
不安感。
(H29.9月頃から)

2.当院の整体を受けてどのようになりましたか?
腹部違和感の軽減
食欲改善
通院に対する不安感の改善

3.当院の整体の良さは何ですか?
無痛で親切な対応

4.おなじ症状で悩んでいる人へ励ましの言葉をお願いします。
病院では異常なしといわれ、先生に出張で来ていただきました。
先生にお願いしてよかったと実感しております。

※お喜びの声の用紙はクリックで拡大表示されます
※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。



 

なぜ、あなたの自律神経失調症は今まで改善しなかったのか?

病院で見てもらったり、取りあえずは身体を休めたりはしているけど、良くなりそうな兆しが見えない。
それは、自律神経そのものにアプローチ出来ていないからです

自律神経は交感神経と副交感神経のバランスにより体温、血圧、呼吸、内分泌などのほとんどの機能や全身の器官をコントロールしています。
自律神経のバランスが崩れると全身のあらゆる機能に支障をきたして、さまざまな不快な症状や痛みが現れてきます。

内科や整形外科などで検査を受けられても原因が発見されず、さしたる対処法もない状態で改善が見込めずに、神経科や心療内科などを紹介されるケースが多くなっているのはそれが大きな理由なのです。

自律神経失調で病院を受け、いろんな薬を処方されても、痛みや不調、不快感が改善されないのは、根本的な原因である自律神経そのものにアプローチ出来ていないからなのです。


 

そもそも自律神経失調症の原因は?

ストレスが最大の原因です。

そもそもストレスが原因だとは、誰もが知っている事実です。
だからといって、そのストレスを消し去る薬も方法もありませんでした。
(ストレス発散といって、飲み会やカラオケ、お買い物や食べ歩き、温泉でゆったりなどは、ひととき楽しい時間を過ごすことで意識をズラしているだけです)

当院で用いている気導術は、日本気導術学会において15年以上前に開発された『無言カウンセリング、ストレス・トラウマ消去法』を施術することで、赤ちゃんの頃から溜まり続けたストレス・トラウマが消え去ってしまいます。

消え去るといっても、それらの記憶のすべてが消えるわけではありません。
記憶の10%~20%程度は残っており、そのような事実としての記憶はあるのですが、いったいどんな感情だったかは定かでは無くなっています。

思い出しても、それが一体自分にどんな感情をもたらしていたのか、何が嫌だったのか、どの部分が悲しかったのか、何が辛かったのか、誰に対して憎悪していたのか、何に対して悩んでいたのか、が全くはっきりせず、感情面での記憶がほとんど希薄になってしまいます。

そんなストレス・トラウマを解消しなければ、自律神経の働きは改善されません。


 

なぜ改善できるのか

当院では脳に直接アプローチする施術で、自律神経を正常な状態に戻していきます。

①脳に直接アプローチするストレス消去法。
最大の原因であるストレス。
ストレスが消え去らない限り気持ちは前に向かず、暗く憂鬱な気分は改善されずに自律神経のバランスも整いません。
病院での対応はカウンセリングと投薬が主です。
カウンセリングにより少しは心の平静が保たれます。
でも、根本からのストレスの消去・改善とまではいきません。
ストレスが消え去らない限り気持ちは前に向かず、暗く憂鬱な気分は改善されずに自律神経のバランスも整いません。

当院で実施している「無言カウンセリング、ストレス・トラウマ消去法」は15年以上の経験と9万人以上の施術実績がある手法です。
このストレス消去法は、どこででもお受けいただける施術ではありません。
全国の限られた施術院だけで受けていただける、脳に直接アプローチし、積もり積もったストレスを消去する特別な施術です。

②脳脊髄液の流れを促す頭蓋仙骨療法。
脳脊髄液は、脳と脊髄を包む膜内(軟膜,くも膜,硬膜)を満たしている液体で、頭蓋~脊椎(背骨)~仙骨を循環しています。

脳脊髄液は1日に約500ml生産され一日に3~4回ほど循環し入れ替わって、次のような働きをしています。

icon_check3 神経系を循環し栄養・新陳代謝を繰り返しています
icon_check3 老廃物を心臓に送り返し脳圧をコントロールします
icon_check3 脳と脊髄を衝撃から守ります
icon_check3 成長に関与します

この脳脊髄液の循環が滞ると自律神経の働きにも影響してきます。

当院では頭蓋仙骨療法を用いて、薬や手術に頼らず、科学的かつ自然な方法で中枢神経である脳や脊髄に働きかけ調整します。

触れる程度の優しい刺激で身体のこわばりを解きほぐし、血液やリンパ液、脳脊髄液の流れを促し、本来持っている自然治癒力を高めていく施術法です。
なので子どもさんから妊娠中の方まで、安心して受けていただける施術です。

深いリラクゼーション効果や自律神経の働きを整える効果もあります。

ほとんどの症状・病気の根底にある、次の5つの根本原因を取り除き、自然治癒力を高め、症状・病気を改善する施術をおこなっています。

① 血液、リンパ、脳脊髄液などの体液循環不良(体質改善)
② 自律神経の乱れ (ストレス消去)
③ 内臓機能低下 (内臓調整)
④ 重心軸のズレ (重心調整)
⑤ 左右対称性に機能出来ない身体の歪み (頚椎、骨盤調整)


 

そもそも 自律神経とは

自律神経とは、自分の意思とは関係なく刺激や情報に反応して体の機能をコントロールしている神経のことです。

手を動かす、足を動かす、ということは意識すればできますよね。
逆に、腸を動かそうと思ってもできませんし、心臓を止めようと思ってもできません。

この“意識してもできないこと”はすべて自律神経がコントロールしています。
内臓を動かす、血液を流す、栄養を吸収する、老廃物を回収する、などです。

自律神経は、「交感神経(活動モード)」と「副交感神経(休息モード)」という
正反対のはたらきをする2つの神経から成り立っています。
この2つがバランスよくはたらくことで、健康な状態を保っています。

交感神経は、活動しているとき、緊張しているとき、ストレスがあるときにはたらく神経で主に昼間に優位となっています。
仕事・家事・育児・運動・勉強などをしている時ですね。
心拍数は増えて、筋肉がかたくなって、血管は細く収縮します。
活動モードになっているので、すぐに反応できる体勢になっています。
仕事の指示をうけて臨機応変に動けるのも、家事をパッパッとこなせるのも、スポーツで相手の動きに瞬時に反応できるのも、交感神経がはたらいているおかげです。

副交感神経は、休息しているとき、体を回復しているとき、リラックスしているときにはたらく神経で、主に夜間に優位となっています。
眠っている時のはたらきがピークですが、そのほかにも、食事中、お風呂にはいっている時、ゆったり気分でリラックスしている時にはたらきます。
心拍数は落ち着いて、筋肉もゆるんで、血管もふわりと広がります。胃や腸などの消化器系の動きがさかんになって、栄養の吸収や老廃物の排出が促進されます。
つまりは、新陳代謝、疲労の回復、ケガなどの修復をおこなって、元気な体に戻す作業をする時間です。
気分的にもゆったりのんびり。マッサージされてトロ~ンと気持ちよく眠たくなっている時などは、副交感神経が最高にはたらいている時間ではないでしょうか。


 

自律神経失調症とは

worry

自律神経失調症とは、この交感神経と副交感神経のバランスが崩れるために起こります。

バランスを崩す方向としては、交感神経がたくさんはたらきがちになるのが現代の自律神経失調症の特徴です。
そのため、副交感神経のはたらきが悪くなる=リラックスしにくくなるので、動悸がしたり不眠症になったり、イライラしたり不安感が増したりするのです。

また自律神経失調症は、更年期障害や思春期の内分泌系の変調をきたす時期に起こりやすい傾向も見られます。
統計的に見ても女性は自律神経失調症にかかりやすいのです。
これは、自律神経失調症は女性ホルモンが関係しているからなのです。
女性ホルモンは、脳の視床下部というところでコントロールされています。
実はこの視床下部では、自律神経の働きもコントロールしているのです。
ですから、女性ホルモンのバランスが乱れると自律神経も影響されてバランスを崩すことがあるというわけです。


 

自律神経失調症はおまかせください

自律神経を整えて心身の健康を目指しましょう。

頭痛やめまい、不眠、疲労感、イライラといった不快な状態が続き、病院へ行っても特に問題が見つからなかったという場合、自律神経失調症が考えられます。
自律神経の乱れは様々な不快感をもたらし、心身の健康に良くない影響を与えます。

自律神経失調症はそもそもストレスが原因だとは誰もが知っている事実です。
そして、自律神経の交感神経、副交感神経の働きのバランスが崩れることによって、自律神経失調症となることも。

ストレス消去法でストレスを取り去り、頭蓋仙骨療法にて自律神経のバランスを良くする当院独自の施術で、自律神経失調症のお悩みを解消していきます。

自律神経失調症でお悩みのあなたに、普通の生活に戻るお手伝いをわたしにさせてください。


 

キャンペーン情報

整体、キャンペーン


 

上田療術院までのアクセス

住所 〒561-0813 豊中市小曽根2丁目1-6
電話番号 06-4981-2233
(施術中などで電話に出られないときは折り返しお電話します)
定休日 火曜(火曜が祝日なら休み)
交通 服部天神駅、江坂駅より車で送迎します(約5分)

地図


 

お問い合わせはコチラまで

電話番号 06-4981-2233
icon お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

メールボタン
お問い合わせボタン

ページトップに戻る